トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

ストレッチメン

メロメロパークのぴかるくんが、気付いたらその昔「お笑いまんが道場」でずーとるびの江藤が描いたブタみたいになっていました。

どうも、りくこです。

さて、本日は。

雨。雨だ。外に出れん。むすー。と思っていると、姉からメールが。「教育テレビに水鳥一家が出ているよ。」ほほう。見てみよう。水鳥一家と言えば、体操の水鳥寿思選手が金メダルをとって、静岡ではすっかりヒーローです。ちなみにたぶん水鳥兄弟のどなたかと中学一緒だったと思う。学年違うけど。

ところで、何でそんな情報をくれたんですか?>姉

で、その番組が終わると、始まったのが「ストレッチマン2」。私の記憶だと、確かストレッチマンて何かの番組の1コーナーだった気が?出世したんだねえ。ストレッチマン。(ってかガ●テックサービス?)

まずは知らない方のために。

http://www.nhk.or.jp/sman/ja/frame.html

見ましたか?では続けましょう。

「まいどん」とかいうピンクの生き物が言いました。

まいどん:「ねえねえ、ストレッチマンはお風呂好き?」

ストレッチマン:「もちろんだとも。この黄色い肌をぴかぴかに磨くのだ!」

ん?黄色い肌????

あの全身タイツのことですよねえ?ってことはさあ、

ストレッチマン全裸って設定なんですか?N*Kさん?

ちなみにあの角の中にはティッシュがつまっているらしいです。

まあ、どうでもいいけどね。

それで、今日は散歩にも出れないので、暇つぶしにまたおもちゃを作ったりしてみました。今日のおもちゃ、「三節棍もどき」。(3つじゃないから。)

060131_14030001060131_13580001

| | コメント (5) | トラックバック (0)

やっちまった。

あんまり天気がいいから、ヨシズミに感謝。

どうも、りくこです。

さて、本日は。

やっちまった・・・。ついにやっちまったさ!!駐車場の鍵つけっぱーーーー!!!

うちのマンションの駐車場は機械式なので、動かすのに専用の鍵が必要です。んで、時々その鍵をつけっぱなしにして行ってしまう忘れんぼさんがいる。「何で忘れるかなあ・・・」と思っていたのに。思っていたのにぃっ!!!

親切などなたかが管理人室に届けてくれたようです。昨日の晩はもう閉まっていたので、今日の朝取りに行くことに。

管理人室に向かう途中、ちょうど管理人さんを発見。う、一番苦手な人だ。管理人さんは4人いて交代制。中でもこの管理人さんは何だか細かいことを言うので苦手なの・・・。

「すみません、駐車場の鍵なんですけど、」

「ああ、はいはい。」

すぐにわかってくれて、管理人室に戻ってくれる。後ろからついていく私。そして管理人室の扉を開けようとしたところで管理人さんは振り返った。

「どんなやつ?」

「・・・・・・・・」

聞かれて当然です。だって、鍵はどれも同じだからさ。どんなキーホルダーつけてるとか、特徴を言わないと。

「あの、天下一品ていう・・・」

「え?」

「・・・。だから、天下一品て書いてある・・・」

天下一品ね!!!!

そうして、管理人さんはにやり、と笑うと、管理人室に消えていったのでございます・・・。

あ、いや、ちゃんと返してくれましたよ?

060130_13380001 だって、天一(ラーメン屋)好きなんだもーん。

静岡にもできればいいのにな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おばあちゃん

ヤンジャンでは今キャプテン松山らしい。翼君、戻ってこなくてもいいよ?

どうも、りくこです。

さて、昨日は。

いぶきち君を連れて、金谷に住むおばあちゃんに会いに。おばあちゃんと言っても、父ちゃんのおばあちゃんなので、いぶきち君にとっての曾おばあちゃん。御歳9?才。お耳は遠いけれども会話はしっかりしていらっしゃる!!!

おばあちゃんは、うちの父ちゃんのお母様のお姉様→つまりうちの父ちゃんの伯母様と、チワワのロコンちゃん(♂6才)と一緒に暮らしています。

いぶきち君は60代前後のおばあちゃんには慣れてますが、90代のおばあちゃんとは滅多に会わないので、終始ちょっぴり緊張気味でした。でもおばあちゃんは喜んでくれていたようで何よりです☆私は自分のおじいちゃん、おばあちゃんには曾孫の顔を見せてあげられませんでしたので、金谷のおばあちゃんには本当にまだまだまだまだ長生きして頂きたいと思っています。

さてさて。

いぶきち君はと言えば、終始ロコンを追い掛けまくっていました。

いぶきち(10ヶ月)とロコン(6才)。ロコンの方が大人。いぶきち、遠慮なくロコンに挑む。ロコン、逃げる。いぶきち追いかける。ロコン、逃げる。

ちなみにいぶきち(10ヶ月)と太郎(11才?父ちゃんの実家の飼い犬。血統書付き柴犬。)。精神年齢ほぼ同じ。いぶきち、遠慮なく太郎に挑む。太郎、やり返す。

どっちにしろ、いぶきち君、もうちょっと大きくならんとね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛙の子は蛙

サブメニューのとこにいるメロメロパークのぴかるくんが早速覚えた言葉が、「悪」「秘密」「結社」でなんかがっくし・・・↓いや、私の書いた内容から言葉覚えるから当然なんですけどね・・・。

どうも、りくこです。

さてさて、本日も当然のごとく昨日の話で。

突然ですが、わたくし、4月にお芝居に出ることにあいなりましたです。その話と宣伝はまた追々。昨日はそのお芝居の出演者の顔合わせみたいなのがありまして、Oちゃん宅にお邪魔することに。今回のお芝居の出演者4名は、私含め全員子持ちの主婦。私にとってはお芝居においても子育てにおいても皆様尊敬する先輩ばかりでございます。うちOちゃんとAさんのお子様はもう小学生で、男の子二人。「久しぶりに赤ちゃんの男の子を抱っこするわ~!!」と、いぶきち君すっかりかわいがってもらっちゃいました☆

「うちのFAX、二回落っことされて壊れちゃったんだよねえ。」「気が付いたらリモコンで鼓笛隊してたさ。」など、早速大変ありがたい経験談を語るお二人。

「男の子はね、生き物系か乗り物系に分かれるんだよね。」

・・・なるほど。それは頷けますなあ。しかしわたくし、虫とかマジ嫌いなんすけど・・・。

「大丈夫大丈夫!気がついたらイモムシがかわいくなってるんだわ。これが。」

ううう、そんなもんですかあ!?いぶきち、頼む、乗り物系にいってくれぃ。甥っ子のたかぴろ君がバリバリ乗り物系だからな。是非とも影響されてくれるとありがたい。でもうちの父ちゃん確実に生き物系男子だよな・・・。

裏にある愛宕山から図鑑でも見たことねえような生き物とか拾ってきたあげく、「コレ飼うの~!!!」とか言い出すのだけは勘弁して欲しいな・・・。

そして話は「子供の好きな食べ物」について。

Oちゃん:「うちの子さあ、イナゴの佃煮にハマっちゃって。バッタとか飛んでるの見ると、ママ、アレ煮て!って言うんだよねえ。学校で好きな食べ物聞かれて「虫」って答えるからさ、どんな家庭だ?!って思われるよねえ。」

Aさん:「うちの子は学校で好きな食べ物は?って聞かれて、「ゴーヤ」って答えて、クラス中大爆笑だったって喜んでたよ。次回聞かれたら「栗の渋皮」って答えるんだって。」

面白すぎますって・・・。もう、なんでしょうね。誰が教えたわけでもないのに、遺伝子レベルで芸人魂が組み込まれているとしか思えないデスヨ・・・。

そんないぶきち君も、気付いたら鼻の穴からせんべいの欠片が覗いていたりするから、やっぱりあいつも遺伝子レベルできっと芸人。だって、あたいと父ちゃんの子供ですもんね・・・。

060126_16030001  で、すっげー笑顔。

      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワンダフルコンタクトライフ

私にも「恋の呪文」を教えてください。

どうも、りくこです。

たまには時事ネタで。ちなみに「恋の呪文」と聞いて「スキトキメキトキス」と答える年代ぎりぎりぐらいですが、個人的には「ホロレチュチュパレロ」と答えたいです。わかるアナタ、お友達になりましょう。

さて、本日も先日の話。ってか「かつ政」のあとの話です。

人間、誰しも「初めての経験」というものは恐いもんです。緊張するし、恥ずかしい思いをしたくない。うちの父ちゃんは見た目こそトトロムーミンですが、結構男らしくガンガン進むタイプ。しかし妙なところで時々ビビリになります。

今回父ちゃんの「初めての経験」は使い捨てのコンタクトレンズ。メガネ愛用者の父ちゃんはコンタクトには興味もなかったわけですが、

「ストーンズのコンサートをメガネなしで見れるって素敵だと思わないかい?」

という私の一言で、コンタクト購入に心を決めたのでございます。

しかしなんでかコンタクトに対してやたらビビリの父ちゃん。まあ、確かに「ゴミ入っただけでも痛ぇ目ん中に何でそんなでけぇモン入れなくちゃなんねえんだ!?」って感じですわなあ。ひたすら「痛くない?」とか「目の裏に入っちゃったらどうするの?」とか色々色々尋ねてきたんですが、

「まあ、アイツだってコンタクトしてんだから、俺にできないはずないか。」

・・・誰さ?あいつって・・・。

自分の与り知らないところで微妙に馬鹿にされる「アイツ」を不憫に思いつつ、なんとか踏ん切りがついてくれたようなので良しとする。それでもやっぱりコンタクトに対して必要以上にビビリの父ちゃん。

【マンガ コンタクトレンズの入れ方】とか売ってないかな?」

「ねえよ。」

などと言う会話なども交わしながらようやくメガネ屋に到着。このメガネ屋は、少し前の「ワンダフルメガネライフ」と同じところ。二階が眼科になっているのです。

「やっぱやめる。」だの「今度にする。」だの、歯医者を嫌がる子供か!!!みたいな態度の父ちゃんを引きずって眼科に突入。もう後戻りはできません。必要書類を記入し、ついにコンタクトレンズをはめてみることに。私はいぶきち君と一緒に少し離れたところで見守っておりました。

まずはコンタクトレンズの説明を受け、実際に使い捨てコンタクトを指にのせる父ちゃん。

店員さん:「裏表がありますから、よく見てくださいね。」

父ちゃん:「裏に入れてしまったら致命的ですか?」

*致命的→命に関わるくらいのこと。

大丈夫だよ、死にゃしねーからさ。父ちゃん・・・。

店員さん:「・・・・大丈夫ですよ。ちょっと目がゴロゴロするだけです。」

なんとかかんとかコンタクトを装着。眼科検診を受け、再度着けはずしの練習をして無事終了。使い捨てコンタクト、ついに購入。よかったね、父ちゃん。

思い出してみれば自分のときはなかなか自分で着けられなくて、店員さんに「できません。」って言ったら「がんばってください。」と言われて、そこからまた15分くらい格闘した覚えがある。なんか、「自分でやれるようにならなきゃ帰さない。」みたいな雰囲気じゃないっすか?あれって・・・。まあ、それを思えば、父ちゃんは随分短時間でできてすごいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

優しいお店

セ●スイハウスの神様シリーズのCMが新しくなりましたね。まだ続きがでるのかしら???

どうも、りくこです。

最近すっかり「今日の出来事」でなくて「昨日の出来事」を書くようになっている・・・。まあいいか。そんなわけでまた昨日の話。

「かつ政」というとんかつ屋さんが割と最近近所にできまして。私の言うところの「刑務所通り」、一般的には「竜南通り」沿い、竜南小学校の向かいあたりでしょうか。少し前に姉一家と母と行ったのですが、父ちゃんとはまだ行ったことがなかったので食べに行きました。

赤ちゃん連れの外食っちゅーもんはなかなか大変。

  1. 当然子供お断りではない。
  2. 騒いでしまってもある程度大丈夫そうなところ。(店が広いとか他にも子供が結構来ていそうとか個室があるとか。)
  3. 禁煙席がある。
  4. 座敷席がある。(なくても子供用の椅子がある。個室があったらもっと良い。でもほりごたつは落ちるので危険。)
  5. いぶきちでも食べられそうなものがある。
  6. トイレにオムツ変えシートがある。

1~3は絶対条件です。4~6はできればって感じでしょうかねえ。一番連れて行きやすいのは和食系のファミレス。結構連れて行きにくいのはラーメン屋。もちろん雰囲気の良いフランス料理店なんつーのはもってのほかなんですが。

レストランは食事を楽しむところですから、やはり人様にご迷惑をかけるのはよろしくない。「小さい子供がいるから仕方ないでしょ!」みたいな態度をとる親にはなりたくないわけです。

そういうわけで、外食する際の店選びは大変重要です。

さてさて、話を元に戻しましょう。

「かつ政」は大変子連れに優しいお店でございます。座敷席はほりごたつですが、専用の赤ちゃん椅子があるためばっちぐー。子供メニューはもちろん、なんと離乳食まであって、温めて出してくれます。店員さんもみなさん感じが良く、何よりとんかつうめーーーー!!!

更にこんな心遣いを見つけました。060125_14310001

見えますかねえ?「子供は散らかして食べるものですから、気にしなくていいですよ。ここに来た時ぐらい、とんかつ楽しんで食べて行ってね。」みたいなことが書いてあるです。

060125_14040001 こちらが赤ちゃん専用椅子。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

猫おじさん

アヲレンジャイ 第八話「悪の秘密結社!!」   「よぉし!今日もパトロールに出かけるぞ!」「ところで西郷、山本さんはどうした?」「今日は町内の餅つき大会だ。」「そうか、ならば仕方ない。もう一つ聞いていいか?西郷。」「何だ?東郷。」「俺達の敵って誰だ?」「何を今更言ってるんだ?!悪の秘密結社に決まっているだろう?!」「そうか。お前会ったことある?」「ねえな。」(つづく。)

どうも、りくこです。

さてさて、お天気が良かったのでマンションの中庭でいぶきち君とお散歩。

060124_13340001

すると遠くから黒に白のワンポイント柄の猫ちゃんがこちらに近づいてくるではありませんか。なでなでしたいけど、いぶきち君抱っこしてるしなー、などと思っておりますと、背後からおじさんの声が。

「手を出すとヤられるよ?」

・・・・ヤられるって、何を?

色々な漢字を当てはめてみるが、とにかくヤられた時のことを考えると恐ろしいので手は出さないでおくことにする。

おじさんはよく飼い猫にリードをつけて散歩している、マンションの住人さんだった。私は心の中で勝手に「猫おじさん」と呼んでいます。猫おじさんは捨て猫を拾ってきては飼っているので、家には4匹もいるのだそうで。一度に散歩できないから、順繰りで散歩するのだそうだ。そんでもって、今日は「ピーちゃん」の散歩DAY。インコみてーなネーミングだな。

「よく肥えた赤ん坊だねえ。」

一応標準っすけど・・・。まあ厚着してるし、しもぶくれだかんな。

「今は子供でも糖尿病にかかるからねえ。」

そうですねえ。気をつけないといけませんねえ。

「まあ、赤ん坊が肥えてる分には元気そうでいいけど、お父さんが肥えちゃったら大変だわなあ。うわはははは。」

・・・笑いこっちゃねーだよ、猫おじさん。うちの父ちゃんはさあ・・・。

「ピーちゃんはちゃんと自分の目の届く範囲で行動してくれるんだよ。」と言ったそばから、どぴゅーーーーーーんと、どこかへ駆けて行ってしまったピーちゃんを慌てて追いかけていく猫おじさんの後姿を、ちょいといとおしく見送りながら日向ぼっこを続けました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

想像力と創造力

060123_13360001 うちから見える富士山です。ちなみにうちからは、富士山と墓場のナイスコラボレーションが眺められます。

どうも、りくこです。

毎度アホなことばかり書いているのもなんなので、たまにはマジメなことも書いてみようかと。いや、大丈夫ですよ?何を心配していらっしゃるの?アナタ。

新米母ちゃんの私が書くのも大変おこがましいですが、子育てをしていて思ったことなどを少々。

どんなおもちゃを子供に買ってあげようか、と悩みませんか?もう少し大きくなれば好きなものの傾向もわかるし、「これ欲しい。」と言ってくれるでしょうが、いぶきち君くらいの子はまだわかりません。そんでもっておもちゃ屋であれやこれやと悩むことになるのですが。ただでさえこれでもかっつーくらいたくさんあるおもちゃ。その上情報が錯綜している昨今ですから「知育玩具がいい。」とか「木のおもちゃがいい。」とか、もうわけわからーーーん!!!ってなるわけです。で、結局高い金出して買ったおもちゃなのにあんまり遊ばなかったり。

でも、ネットや本やおもちゃを眺める前に、もっと自分の子供を良く見てみることが大切なんじゃないかと思うのです。「子供は遊びの天才」なんて言いますが、子供にとってはなんだっておもちゃになっている。新聞を破く、空き箱を壊す、タオルをかぶる、携帯をいじる、ティッシュを出す。親にとっては「困ったいたずら」でも、子供にとっては「楽しい遊び」。本当に「これはヤバイ!」となるギリギリまで見守っているも良し、即席でおもちゃを作ってあげるも良し。私はもともと工作好きなので、ペットボトルマラカスとか、ハンカチしゅるしゅる(勝手に命名。)とか作りました。手を切らないようにビニールテープでコーティングした卵のパックなんつー、ただそれだけのもあります。でもそんな単純なものだからこそ、「想像力」と「創造力」が養われるのかもしれません。

しつけのこととかもあるので難しいところなんですが、あんまりあれダメこれダメもどうかな、と。「いたずら」も「遊び」だと思えば、そんなにイライラしなくて済むわけです。それに手作りおもちゃならお金かからないし、子供と一緒に遊んでいるみたいで楽しい!

ええと、そろそろ知恵熱が出そうなのでやめましょうか・・・。

まあ、そんなこんなで子育て中の方、これから子育てをする予定の方、少しでも参考になればと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンダフルメガネライフ

昨日の晩、車で職場に行ったことを忘れ、徒歩で帰ってきてしまった父ちゃんが若干心配です。

どうも、りくこです。

さて、本日は「メガネキャッチャー」らしく、メガネネタでいってみたいと思います。

時々使う使い捨てのコンタクトレンズが切れてしまったため、いぶきち君を母シヅコに見てもらってメガネ屋さんに行くことにしました。

椅子に座るよう促されぼっさりと座っておりますと、向かい側にはちょいとばかしキャラの濃そうなご夫婦が。旦那様は例えてみるなら「青森の羽柴秀吉」みたいなおいさん、奥様は例えてみるなら「トイレにセボンのフランソワーズ・モレシャン」みたいな外人さん、そんな感じ。千昌夫とシェパードみたいだ・・・とか思って思わず眺めておりました。

店員さんがモレシャンにメガネらしきを渡し、モレシャンが試着したそれは、

驚くほどデケぇグラサン。

でけえって!!!昔のタモさんか?そうでなければ完全にカマキリにしか見えん・・・。ハーレーにでも乗って日本平走るつもりか?

などと思っておりますと、隣のおいさんが何やらぶつくさ言って、モレシャンはそのグラサンをはずしました。正しいよ・・・おいさん。とにかくそのグラサンはやめさせて正解だよ。おいさんが店員さんに何か言って、また準備にかかる店員さん。しばらくして再びモレシャンはグラサンを試着。今度は

金ピカの上、グラサン。

ど、どんだけ虹色?!なんだ?松方弘樹と梅宮辰夫と一緒に太平洋でカジキマグロでも釣るつもりか?

よくよく見れば、二人の前には奇抜なデザインのグラサンがずらーり並んでいるではないですか・・・。きっと私が来る何十分も前から試着していたに違いない。

七色グラサンの時点で私のコンタクトの準備ができてしまったため、結局モレシャンが何を購入したかまではわかりません。残念です。

ちなみにご存知でない方のために、「青森の羽柴秀吉」さんのHPです。 →http://www.geocities.jp/tono_hideyoshi/index7.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OKすべて了解だ・・・。

朝からストーンズのコンサートチケットをゲットするため、電話かけまくりましたデスヨ・・・。

どうも、りくこです。

いや~、降りましたね!降りましたね!

雨。

ばっきゃろうーーー!!!ヨシズミも気象庁もばっきゃろう!!!OK、OK、全てわかったぜ。やっぱり信じちゃいけないんだ、天気予報ってやつぁよ・・・。あたいが何度窓の外を眺めたと思ってやがるんだ・・・。あたいのセンチメンタリズムを返せ!かーえーせ~!!

今日の新聞によれば、静岡市街地で積雪が観測史上最も多かったのは1945年の10センチ。第2位は3センチで3回だそうです。私の記憶では小学1か2年生の時に、そこら辺の雪をかき集めて憧れの雪だるまを作ったのが一番です。

悔しかったので神奈川県の藤沢市に住む姉にメールしました。

送信:「雪降ってる?」

返信:「降ってるよー!すごい積もってるよ~!!

ちっくしょーーーーー!!!!やっぱ向こうは降ってんのか!!奴も性根は当然静岡人ゆえ、かなり心はウキウキわくわくに違いない。

ちなみに静岡は背後に高い山があるためそれが壁になり、前には温暖な太平洋があるためなかなか雪が降らないのだそうで。

矢●純一に、UFOのかわりに雪雲呼んでもらうしかねえな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

育児日記もつけてみる。

アヲレンジャイの元ネタがわかるあなた、友達になりましょう。

どうも、りくこです。

たまにはマジメに育児日記っぽいことも書いてみます。

*いぶきち君が最近できるようになったこと*

  1. 5秒くらい一人で立てる。
  2. 「おかあさんといっしょ」をマジメに見る。
  3. 機嫌がいいと音楽に合わせて踊る。
  4. 「いないいないばあ」をする。
  5. ストローを使う。
  6. マグを使う。
  7. はみがきをするとものっすごく怒る。
  8. 「バイバイ」がわかってるような、わかっていないような、微妙なトコ。

と、こんな感じでしょうかね。ちなみに好きなCMは「ヤマタカみそ」の「♪お母さん、ありがとう、毎日毎日ありがとう。」という涙ちょちょぎれるようなあれ。

子供の成長は本当に早いものです。昨日できなかったことが今日できる、なんてしょっちゅう。すごいなあ。

あと足りないのは髪の毛だな・・・。

060119_21240001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪が降る・・・かもしれんらしい。

アヲレンジャイ 第四話「コンビニで買えば良かった。あと地図も購入しとけ。」   「まずい!変身ベルトの電池が切れた!」「なんだって!じゃあ急いで国一沿いのコジ●かヤ●ダに行くぞ!西郷!」「待て東郷!あそこは清水区じゃないか?俺達は葵区から一歩出たら変身できんぞ。」「清水区なのか?!葵区なのか?!誰か教えてくれ!!」(つづく。)

どうも、ネタに困っているりくこです。

さて、本日は。

天気予報を見るとなんと。本当か?!今度こそ本当なんだろうな!!ヨシズミ!!!たとえ鹿児島で雪が降ろうとも降らない静岡。東北や北陸ではどえらいことになっているというのに、他人事のように無関係な静岡。もう沖縄と静岡くらいだろ、雪降らないの、とさえ思わされるぜ静岡。当然チラつくことくらいはあります。けれども積もることなどほとんどない。積もることなんか10年に一度と言っても過言ではないのです。

県外の方が読む可能性もあるので訂正しておきます。もちろん山の方は積もります。ここで言う静岡とは私の住む静岡市街中のことです。

そういうわけで、静岡人は雪に憧れます。一度でいいから雪で困ってみたい、とさえ思ってしまうのです。今年の大雪で多大な被害を受けている地方の方々、本当にすみません・・・。恵まれてますよね・・・。

明日の朝、1センチでもいい、積もっていて欲しいなあ・・・。ってか本当に降るんだろうな!!気象庁!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田さんとお隣さん。

「ウ~コン~のちーかーら」のCMがバージョンチェンジしていました・・・。

どうも、りくこです。

さて、本日は。

昨日、エレベーターホールでバッタリ出くわしたお隣のかいと君(いぶきちと同学年の男の子)ママに、あるお誘いを受けました。

「明日、高田薬局の東瀬名店で栄養相談があるんですけど、離乳食の試供品とかもらえますから行きませんか?」

ほほう。そいつはちょいと素敵ですねえ。

「お友達も来ますし。私は先に用事があるので、二時半に現地集合で。」

了解しやした。で、東瀬名店ってどこでしょうね?

と、まあ、そんな感じで高田さん東瀬名店に行くことに。ちなみにりくこは高田薬局ウィンダーランドに敬意を表し、常に「高田さん」と呼んでいます。そこら辺はまた別の機会に。

かいと君ママとも無事会え、早速栄養相談へ。そこに座っていたのはどことなく橋田壽賀子似の保健婦さん。身体測定の後、卒乳の話やフォローアップミルクの話などをテキパキとして頂く。それにしてもこの人、キャラ濃いぃなぁ・・・

060119_17240001 いただいた離乳食の試供品。大変ありがたいです。ってかお得だわ~。

いぶきちくんの現在の体重:9900g 身長:71cm

その後、初めてお隣さんにお邪魔することに。お友達のまおちゃんママも一緒。いやいや、同じマンション同じ3LDKと言っても、微妙に配置が違ったり大きさが違ったり。面白い。

かいと君は11月生まれで同級生、まおちゃんは5月生まれでひとつ下の学年。ほとんど変わらないのに、かいと君は当然小走りくらいできまっせー、いぶきちはまだ伝い歩き、まおちゃんはまだまだようやくお座り、と差があるわけです。でも三人で仲良く遊んでいたなあ。ママさん達はお互いの自己紹介から始まり子育ての話に。分かち合えるっていいなあ。勉強になるなあ。と思ったわけですが、自分の悩みの少なさに、むしろ「これでいいのか?」と自ら突っ込みを入れざるを得ないのですた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

山に登るぜ!!

「ウ~コン~のちーかーら」のV6の長野君の笑顔が妙に気になる今日この頃。

どうも、りくこです。

さて、本日は。

うちの父ちゃんが「山に登るのだ~!!」などとハイテンションなことを言い出しました。「山に登る」っつっても、弁当持ってハイキング♪とか、ましてや登山靴をはいてガスガス登るとか、そういうんじゃありません。あくまでも車に乗ってできるだけ高いトコに行ってみるだけでございます。

今回の目的地は梶原山公園

*うちの父ちゃん注意事  1.曲がるべき場所で曲がり損ねること多し。 2.案内板がない!と八つ当たりすること多し。 3.気が付くと理解不能な遠回り多し。

目的の「梶原山公園」は瀬名の山にあります。リンク西奈を通り過ぎ、瀬名病院の手前を右折、そこから続く急な坂道を愛車スズキKeiで男らしく攻める父ちゃん。

「なんかさあ、人ん家の農道走ってるみたいじゃない・・・?」

という私の意見などは無視し、とにかく攻める、攻めまくる父ちゃん。まともにガードレールもなく、落ちたら確実に死ぬみたいな道が続きます。ただ景色はめちゃくちゃいい!!!です。けれども高所恐怖症の人にはたぶん耐えられません。これだけは声を大にして言っておきましょう。

私の記憶では何箇所か分かれ道があったのですが、どういう勘が働いているのか、迷わず進みまくる男らしい父ちゃん。さあそして、ついに辿り着きました!!

一本松公園に。

・・・あれ?

どこですか・・・?一本松公園・・・。

  060118_12290001060118_12220001

 なんかある鐘。ガスガス鳴らしてきた。

 景色は最高!!海まで一望。

よくわからんが、とりあえず謎の「一本松公園」を楽しむことに。父ちゃんによりますと、静岡と清水が合併するときにちょうどここに境界があるらしくて、式典をやったらしいです。

そこからもう少しすすんだところに、「梶原山公園」はありました。こちらの写真はありませんが、どちらの公園も大変きれいに整備されており、春にはお花見ができそうな感じ。暖かい日にぜひもう一度弁当を持って行きたいと思います。

帰りは正規の道で帰ることができました。こちらの道は狭いけどそんなに恐くないです。落ちても木に引っかかって助かるでしょう。(笑)あと案内板とかもちゃんとあります。正規の道は、リンク西奈をもう少し進んだ左側に案内板が出ています。まあ、こちらの道もかなり「人ん家?」っぽいところはありますが。景色を楽しみたい方は、是非うちらが行った道にチャレンジしてくださいね!私は二度とチャレンジする気はありませんが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワンダース始動。

アヲレンジャイ 第一話 「行け!我らがアヲレンジャイ!!」アヲレンジャイは静岡市葵区のみを守るために、東郷、西郷、山本さんで結成された正義の味方である。(つづく。)

どうも、りくこです。

さて、昨日の分を今日書くことにします・・・。

HYTん、赤●、O姉さんがうちに集結し、一年ぶりに行われた

海鮮鍋を食べる会 大人演劇部ワンダース会議

この「大人演劇部ワンダース」は主に2004年に活動していた劇団ですが、まだ公演は一回しか行っていません。「今年は戌年だし、ワンダースそろそろやろうぜい。」とか、まあそんな感じで、部長(うちの父ちゃん)企画制作(赤●)脚本担当(他3名)で集まって海鮮鍋を食べる会ワンダース会議を行ったわけです。

ちなみに、「戌年だから ワン ダース」などと言ったのは赤●です。

すっかり海鮮鍋を楽しみ、ま、そろそろワンダースがんばりましょうかねえ、なんつーゆるぅい感じで会議を終えようとしたところが、ある女爆弾発言により一気に全員のモチベーションが↑↑↑みんなやる気満々でこの会議を終えることができました。

ある女とは誰か?そして驚きの爆弾発言とは何か?

是非ともここでお話したいところですが、万が一そんなことをすれば、確実に彼女がある程度殺傷能力のある武器でも持ってうちに乗り込んでくると思われますので、ここは控えたいと思います。

そんなこんなで「大人演劇部ワンダース」の今後をお楽しみに!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘヤーカットゥ

本屋で「聖闘士星矢」を見つけて、思わず買いそうになってしまいました・・・。

どうも、りくこです。

さて、本日は。

久しぶり(?)に、うちの父ちゃんがお休み。生意気にも「床屋に行く。」と言うのです。そこで私は言いました。

「私が切ってあげようか?」

「断る。」

即答。そう。私には前科があるのです。数年前、我が夫をどこからどう見てもサ●ハン・キ●ポーにしてしまったという前科が・・・。ところで、サ●ハン・キ●ポーでいいのでしょうか?それとも、サ●ハン・キ●・ポーなんでしょうか?

「違うんだよ!あれはウケを狙ったわけじゃなくて、マジメにやってああなってしまったんだよ!!」

「もっと悪いだろ!!」

そういうわけで、切らせてもらえませんでした。

それで、ふと思ったのですが、現在ハゲまっさかりのいぶきち君が、あの時の父ちゃんと同じサ●ハンカットにしたらどうなるのかなあ?

やってみました。↓

060113_17590001 ノーコメント・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カレー氏彼女の事情

コンコルド夫人が36才にはどうしても見えません。

どうも、りくこです。

さて、本日は久しぶりの雨。

わたくし、雨は嫌いじゃございません。特に土曜日の午后の雨って素敵じゃありません?モーツァルトを聞き珈琲を飲みながら読書・・・なんて。

ま、その話はまた別の機会に。

今日はこの雨降りしきる中、母シヅコがやってまいりました。

カレーを持って。

カレー、大好きです。「最後の晩餐」に何を食べますか?と聞かれたら、「カレー」か「雑煮」と答えると思います。んでもって、専門店のカレーよりご家庭のカレーの方が好き。だから大変嬉しいのです。嬉しいけど、この雨の中わざわざ・・・と思わざるを得ないわけで。

約一年前の話です。まだいぶきちが私の腹の中にいる時。ある日、定期健診のため病院に行きました。確かに、今日は病院だよ、と伝えていたように記憶します。でも驚きました。母シヅコが突然現れたのです。

カレーを持って。

カレー、大好きです。「おふくろの味は?」と聞かれたら、「カレー」か「わかめの味噌汁」と答えると思います。だから嬉しかったのですが、まさかカレー片手に検診を受けることになろうとは・・・。

20年後、大学生になり東京なんぞで一人暮らしをしているいぶきちのもとへ、ばあばがやってくるかもしれません。

カレーを持って。

こんなこと書いてますけど、まじカレー好きなんで、いつでも持って来て下さい。あと「森のなかま」のカレーよりうまいカレー屋知ってる方、教えてください。(インドカレーは苦手です。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

友達がきた!

「いや~、今のキック、モロに入ったな~。」の「モロ」って何さ?!

どうも、りくこです。

さて、本日は。

りくこが数年前まですちゃらか社員として働いていた会社の先輩、むったんママとそーちゃんママが遊びに来て下さいました。ちなみにすちゃらか社員だったのはりくこだけで、お二人はバリバリ働いていらっしゃいましたのであしからず。

「ママ」と表記したからには、当然お二人ともママさんなのです。「ママ友」さんなのです。しかも、むったんもそーちゃんも、いぶきちと同級生の男の子。とは言え、いぶきちは3月生まれのギリギリちゃんなので、6月生まれのむったんも10月生まれのそーちゃんもだいぶお兄さん。

ママさん達がコーヒーをすすりながらシュークリームをむっしゃむっしゃ食べている間、子供達は交流を深めておりました。

「ドアなんか簡単に開けてやるんだぜ!」「ひゃっほう!競争だー!」「兄貴~!あっしはまだ走れないでやんすよ~。待ってくださいよ~。」

などと言っていたのかは知りませんが、廊下を「むきゃーーーーー!!!」と走り「うきーーーーーー!!!」と戻ってくる。

「母ちゃんたち、うまそうなもん食ってやがるぜ!」「じゃ、あっしはこれを頂きやしょう。」「おうおう!!そいつは俺が楽しみにしていたア●パ●マンクッキーじゃねえか!返せ!返しやがれ!!」「ふふふ、兄貴、この世は弱肉強食ですぜ・・・。」

などと言っていたのかは知りませんが、お菓子を奪う、泣く、おもちゃを奪う、泣く。

とにかく、楽しそうでした。とても。言葉は通じなくとも、子供同士何か通じるものがあるのでしょうねえ・・・。

当然、みなさんが帰ったあと、スイッチが切れたようにいぶきちは寝てしまいました☆

   

060113_15020002060113_15060001060113_17590001

むったん      そーちゃん         いぶきち

                         ・・・やっぱだんとつハゲだ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

紹介。

最近の天気予報の当たらなさっぷりに憤慨しつつも石原良純がテレビに出ていると思わず見てしまうちょっぴり良純好きなあたし・・・。

どうも。りくこです。

さて、まずは。

ここの主人公、メガネキャッチングワールドカップ2006日本代表我らが王子(?)いぶきち君をご紹介いたしましょう。

  ↓コレ

051223_17300001  おっと奥さん、触らないで下さい。大阪は通天閣にあるビリケンさんじゃございませんよ。

 でもそのほっぺたには癒し効果があるとかないとか。ないとかあるとか。

現在、わたくしの横で朝刊をビリビリに破き中。どうもありがとう。

彼をメインにしつつ、くだらないことをおもしろおかしく、3割強はフィクションでお送りします。

ああ!新聞を食べるのはやめてちょうだいい!!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

メガネキャッチャー2006 開設。

とりあえず書いておかねばなるまい。

しかし眠い・・・。

あとどうでしょうが始まってしまう・・・。

というわけで、これからがんばりたいと思います。

・・・明日から。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »