« つれづれ育児日記と少子化対策 | トップページ | 電車まつり »

どらもえん

ドラえもんて昔「なのら」って言ってなかった・・・?

どうも、りくこです。

さて、ちょいと前、金曜日。国民的アニメ「ドラえもん」を、なんとなしに見ておりました。

12月に子供向けのお芝居を公民館でやることになり、その脚本を書くことになりました。なので最近、子供向けの色々なものに反応しがちです。何かネタになるものはないかな~ってな感じで。ちなみに先日お泊りにきた某有名人形劇団の中身の人に、子供が受けるネタを伝授してもらったりしました☆

話を戻しましょう。

その回はしずかちゃんが主人公。しずかちゃんの飼い犬「ペロ」が病気だかなんだかで死んでしまう。泣き崩れるしずか氏。そこでのび太が「僕が生き返らせてあげる!」と、これまた言ってしまうのですね。そしてもちろん「ドラえも~ん!何とかしてぇ~!!」しかしドラえもん、さすがです。「そんなことはできないのら。」

で、結局ドラちゃんは折れて、二人でタイムマシーンにのって過去へ。ペロにいかがわしい素敵なお薬を飲ませる。あとは現在に戻って、ペロが元気になっているかどうか・・・。

さて、ここで考えました。

①ペロは元気になっていた。良かったね、しずか氏☆

②だがやはりペロは死んでしまった。愛犬の死を乗り越えて強くなれ!しずか氏!

みなさんならどちらにしますか?

私なら②の脚本を書きます。きっと。だがしかし、そこは国民的アニメ「ドラえもん」さん。ペロを死なせたりしません。当然①だったわけです。ディズニーと同じで夢は基本的には壊さない、ってところでしょうか。

どちらも間違いではないと思います。ペロが生きていて良かったね、も、やはり死は免れないものなんですよ、でも。子供たちはどちらでも受け入れて考えるでしょうから。

いや、なんかね、話ずいぶんでかくなっちゃうけど、そして超個人的意見だけど、よく「これは教育上良くない。」とか言われるモノとかあるじゃないですか。色々。もちろん本当に良くないものもあると思うけど、大人が思っているほど、子供の判断能力って低くないと思うんです。いいものも、悪いものも、たくさん見て、子供達自身が判断することの方が大事な気がして。

ええと、聞き流して下さい。(笑)

ディズニーで「南極物語」がリメイクされるみたいですが、犬一匹も死なないんじゃないか?と思う今日この頃です。

|

« つれづれ育児日記と少子化対策 | トップページ | 電車まつり »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

どもども(〃⌒ー⌒〃)
実は昔のドラえもん映画大ファンのデンコです。
たしかハッピーエンドはエンドでも、仲間のキャラクターが犠牲になってしまうものもいくつかあります。小学生ながら なんで!と涙しながらも感動した思い出があります。
(それでも、どちらも動物でなくロボットキャラクターかな?私の記憶では「海底奇岩城」のバギーちゃん、「鉄人兵団」のリルル)

ちょっと切ない思いをするから分る事もある。
と思ってます。

マニアックでごめんなさい
これも聞き流してくださいね(^_^;)


投稿: デンコ | 2006年5月16日 (火) 00時29分

そうなのね。
私あまり(ってか全然)詳しくないので
失礼しました。
悲しいお話は「なんで!!」
ってなりながらも、
やはり心には残りますな。
私は「おんぶおばけ」の最終回で
号泣したことを今でも覚えているよ。

投稿: りくこ | 2006年5月24日 (水) 23時27分

 はじめまして。
 この話、タイムパドラックスを含んでいるのではないでしょうか?
 最後、しずかがなぜ覚えていたか、不思議だったと思うのですが、こう考えれば納得できると
思います。

 『ペロは死んでいなかった』

 覚えていますか?のび太がペロに薬をあげた時
ペロは仮死状態になりました。
それを見たしずかは、ペロが死んだと思ってしまったのではないでしょうか。

投稿: db | 2006年7月 1日 (土) 13時54分

>dbさま
はじめまして☆
すみません。結構前で、たぶんその時も
じっくり見ていたわけではないのであれなんですが・・・。
なるほどなるほど。
そうかもしれませんね。
じゃあ元凶はのび太お前か?!(笑)
今思うに、ペロの生死どうこうより、
やっぱりのび太くんが必死で助けようとしたことが
大事だってことなのでしょうね。
うーん。でもこれだと自業自得ですかね・・・。ははは。
このようなつぶやきに真剣にお答えくださりありがとうございますv
子供を持って、
子供向けの番組について最近色々考えさせられます。
またぜひ遊びにいらしてくださいませ☆

投稿: りくこ | 2006年7月 2日 (日) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つれづれ育児日記と少子化対策 | トップページ | 電車まつり »