« いぶきちが時々見るらしき何か・・・ | トップページ | 東京計画。 »

読み聞かせ会

子供向けお芝居仲間、Oちゃんのお誘いで、近くの小学校の読み聞かせ会に参加させて頂きました。

前々から一度やってみたいと思っていたので、素晴らしき機会を与えてくださったOちゃんに感謝vvもちろんOちゃんの多少の無茶フリなどは想定の範囲内です。

私が参加させて頂いたのは一年生と三年生。それぞれ3クラスずつ。

読み聞かせと言っても絵本だけでなく、紙芝居、大型絵本、ゲーム(?)など色々あってとても楽しかったです。もう私なんかアドリブきかないから、ホント、ドキドキでしたよぅ・・・(><)ま、まあ、なんとか失敗せずにできて良かったデス・・・。

一年生だと、まだまだ落ち着きがなくて、わーーーっと前に出てきちゃったりするんですが、三年生になるとちゃんと落ち着いて聞いてくれる。盛り上がるところは盛り上がって、聞くところは聞くという切り替えができるんですね。ふーむ、二学年違うだけでこんなに違うのか~。面白い。五年、六年になるとどんな感じになるんだろう?どこかの時点で「けっ 絵本なんか・・・」とかなるのかなー?とか、色々考えてしまいました。学年ごともそうだけど、学校、地域ごとにも、こう、特色が出るんでしょうね。クラスごとですら反応が違って面白かったくらいだし。

私が三年生で読んだ本が「ねえ、どれがいい?」という本だったのですが、その中で

「二千円でいばらのトゲに飛び込むのと、一万円で死んだカエルを飲み込むのと、二万円でオバケ屋敷に泊まるのと、ねえ、どれがいい?」

というくだりがあるんですが、迷うことなく

「二万円!!!」

と、答える子供がいっぱいでした。(笑)

ちなみにこの「ねえ、どれがいい?」かなりシュールです・・・。見つけたら読んでみてください。

|

« いぶきちが時々見るらしき何か・・・ | トップページ | 東京計画。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いぶきちが時々見るらしき何か・・・ | トップページ | 東京計画。 »