« にんにん妊婦 | トップページ | 藤沢へ行く。 »

にんにん妊婦

さて、乞うご期待!!などとでかいことを言ってしまった今回のテーマは

陣痛を乗り切ろう!!

です。いや、役立ちますよ。ホント。ぜんぜん説得力なさそうに聞こえるけど。

まずね。一番大事なこと。

気の持ちよう。

あ、待って待って。(笑)本当なんだから!!コレ。

怖い怖いと思っていると筋肉って硬直するじゃないですか。逆に大らかに構えれば筋肉は緩むわけですよ。筋肉が緩む=お産がススム。ね。理にかなっているでしょ?!!だから、「いやーーー!!陣痛いやーーー!!コワーーーー!!!」って思うよりも

「イエス!!カモン!!陣痛!!!ウェエルカム ベイビーちゃん!!」

って気持ちで臨むほうがいいわけよ。ね。10ヶ月もの妊娠期間・・・つわりは大変、お腹は重い、酒は飲めない・・・そんな大変な苦労ともついにおさらば、いよいよ赤ちゃんとご対面なんですよ!陣痛ヤッター!!デスヨvv

さあ、そんな気持ちになれるためにも、

陣痛、出産についてしっかり勉強。

これも大事。「なぜ陣痛が起きるのか?」「今、自分が、そしてお腹の赤ちゃんがどういう状態にあるのか?」「この後どういう流れで赤ちゃんが産まれてくるのか?」ちゃんと頭に入れておくことで、陣痛がきても落ち着いて、前向きな気持ちになることができるってもんです。そのためには積極的に産科教室などを受けましょう~

そして家族の協力

家族・・・というのは主に旦那様なんですが。よく立会い出産なんかで「うちの旦那なんか慌てるだけで何の役にも立たなかったのよっっ」とか聞きますが、それはあなたの教育が悪いのよぅ!!父親教室、両親教室、ちゃんと参加してますか??

自分一人が苦しい思いをする必要はありません。父親だって親なんだから、当然一緒にがんばってもらえばいいんですよ。っつったって、陣痛を分け合える訳じゃない・・・。でもね、旦那様が出来ることっていっぱいあるんですよ。例えば陣痛の時の腰マッサージ。これ、ホント、大事。事前にバッチリ練習させておきましょう。ぜんっっぜん違いますよ!!出産の流れについて旦那様にも勉強しておいてもらえば、自分がパニクっても「大丈夫だよ。」って安心させてもらえるし。何より、自分一人じゃない、旦那様がついていてくれるんだ!って思うだけでも、きっとずいぶん前向きになれるハズ。

さあ、いかがでしたか?なんか陣痛のりきれそうな気がしてきたでしょ?え?そんなことない?

ま、そんな私は帝王切開なんだけどね。

というわけで、次回は「帝王切開って?」です。といっても専門的な話ができるわけじゃないので(当たり前。)こんな感じでしたよ、という経験談、「帝王切開は後が大変!」ていうけど実際どんな感じよ?とかその辺りを。

|

« にんにん妊婦 | トップページ | 藤沢へ行く。 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

2人とも出産予定日を過ぎての子だったんで、まさに「陣痛、ウェルカム!!」だったよ〜。特に2人目は、待ちに待った陣痛キターッと病院に駆け込んだのに、治まっちゃって帰されるし。結局予定日を10日位過ぎて、いよいよ促進剤か?という時にようやく陣痛が起きたんだっけ…だから陣痛は恐くなかったけど、破水がなんか恐かったなあ。字面が嫌じゃない?
私にとっての陣痛の痛さは…「生理痛のキッツイ鈍痛」から始まって徐々に「力んではいけない下痢のゴロゴロ」へ至る感じ。1人目は第一段階が長かったけど、2人目は1時間くらいで一気に第2段階に突入。あまりの唐突さにクラクラしたよ。
でも陣痛は赤ちゃんが出ようと頑張っているってことだもんね。そう思うと、頑張れ自分!と同時に「頑張れ〜赤ちゃん!」の気持ちの方が強かったかも。

投稿: zukky | 2008年2月26日 (火) 23時16分

うわお。
大変でしたね~っっ
そうそう!!
「力んじゃいけない」っつーのがつらいんですよね!!
うちも父ちゃんにぐーで尻を押さえてもらったっすよ・・・
頑張れ自分!頑張れ赤ちゃん!確かにそんな感じ。

投稿: りくこ | 2008年3月 4日 (火) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« にんにん妊婦 | トップページ | 藤沢へ行く。 »