« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

つぶやき(7・28)

夏じゃん・・・・ おい、夏だよ。

毎年この時期になると「夏がきたぞーーー!!」とここで叫んでますが、今年も叫びます。だって夏好きなんだもん。

思えば去年の夏っつったら、清水の七夕まつり、安倍川花火、横浜、東京、大磯ロングビーチ、みなと祭り、護国さんの祭り、夜店市、ビアガーデン行きまくり・・・・って、なんて楽しい夏だったんだろ?!!!それが今年!!!一番遠出したのは鳥坂のといざらすって!!!

ぎゃふん・・・・

ね。仕方ないよね・・・。

でも飲めないと思うと、余計にビアガーデンが恋しい☆祭りが恋しい☆巡視船が恋しい☆

個人的に北京五輪はいまいち盛り上がれず・・・・。高校野球も「決勝戦にその点差?!!」って感じで盛り上がれず。(もう、いいじゃん。最初から菊●で・・・とか思う始末。)トッQは打ち切りのように早足で終わっちゃうしさー(泣)

現在の癒しアイテムは、福ちゃんの笑顔と反町監督のメガネ・・・・

明日はU-23がメッシと戦うし、もうちょっとしたら代表も最終予選だし。それは楽しみだv

| | コメント (1)

殿!!!

ある日たまきちさんを見ていて、ふと思った。

・・・・・・・武将っぽい

この天パっぽい髪の毛が逆立っているところとか、もみあげとか、やけにやる気に満ちた顔つきとか。

「たまきちって、戦国武将っぽくない?」

と、父ちゃんに言うと

「あ。武田信玄っぽい。」

だよね☆

「だよね!!」じゃねーよ、この両親は。と、自分自身にツッコミ。

その後もさんざん、額に「武」って書こうだの、「風林火山」ってプリントされた服を着せようだのネタにしまくる。そしておっぱいを欲しがって泣くと

「乳 所望!!」

「殿!乳を所望でござるか?!」

などと遊ぶ。(一瞬我が家で流行りかけたがすぐ廃れた。)

そんなやりとりをしていたら、シヅコに「やめなさい!!」と怒られたYO。

ちなみに、たまきちは乳が欲しいとき、ナベアツの「3!!」の顔になるよ☆

| | コメント (0)

一ヶ月検診

たまきち誕生より一ヶ月。ということで、一ヶ月検診に行ってきました。

退院から一週間のとき、1日あたり約60グラム増のたまきち。(平均は30グラム。)今回もすごい記録が出るか?!と思いきや、38グラムといたって普通の結果に終わる。ううーむ。普通だな。

そういえば、助産師さん驚愕の増えっぷりだったいぶきちは一体どの位増えていたのだろうか・・・?と思って母子手帳を見てみたら

退院一週間後、71グラム/1日  一ヶ月検診、56グラム/1日

平均は30グラム/1日

そらびっくりするわ・・・・・・

話は変わりますが、たまきちさんは若干天パっぽい。父方祖父→父→私→たまきち と、脈々と受け継がれていると思われる。父ヤスヒサにそのことを言うと

「俺のは天然じゃない!!戦後物のない時代にヤギの乳を飲んだからだ!!」

と言い張ります。

そんなもん遺伝してたまるかっつーの・・・・

  050419_22390001080718_16290001

左:いぶきち生後一ヶ月

右:たまきち生後一ヶ月

そっくり・・・・

でもインパクトいぶきちの勝ち。

080718_16450001 そして現在。

なんかもう、お前、三年間で何があった・・・?ってくらい別人。

| | コメント (0)

増・・・

実は入院中体重がなかなか増えなかった(というか、だいぶ減った)たまきち。退院から一週間後に体重チェックしに再び病院へ行ってきました。

・・・・まあ、こんだけ乳ガブ飲みしてんだから、絶対大丈夫だとは思ってたんですけどね・・・。

助産師さんに体重を量ってもらうと、3000gを超えていたので一安心。

「ええと、退院したときがこの体重で、今この体重だから・・・ 1日あたり57g増えてることになるね。」

さいですか。

「だいたい普通は1日あたり30g増えればいいから・・・ ま、倍だよね。」

・・・・倍ですね。

「充分だね。」

そうですね。

やはり。やはりか、たまきち・・・。お前もいぶきちと同じ道を辿るとみた。

一ヶ月検診で助産婦さんに「一ヶ月でこんなに体重増えた子初めて!!長年助産師やってるけど・・・」とびっくりされ、三ヶ月検診で保健婦さんにメンチ切って「・・・・・・存在感のあるお子さんですね。」と言われるのだよ。そして母は吸われに吸われて衰えてゆくのだよ・・・。

  Ma3300060001080706_09370002

いぶきちはこんな感じでかわいがってくれてますvv

そして私は「オムツとってー」「お尻ふきとってー」といぶきちを使いまくっています。

| | コメント (5)

出産~乳びゅんびゅんマスター編

いぶきちは二歳過ぎまで母乳オンリー。ミルクの作り方を知りません・・・・と言っている私ですが、何も最初っから乳がびゅんびゅん出ていたわけではありません。

乳びゅんびゅんマスターになるためには、血の滲むような努力と、泣き叫ぶほどの痛みに耐えなくてはならないのデス!!!!!(言いすぎ。)

いや、ま、個人差はあると思うけど、母乳でがんばってる人は一度は痛い思いしてると思います・・・・。ホントに。

まずね。産んでから2、3日経つと(これも個人差もあるし、普通分娩と帝王切開でも差があるのかもしれませんが・・・よくわからない。)さあ、産まれましたよ!!乳出しまっせーーーー!!!と、オッパイが乳製造を開始するわけですよ。するとオッパイが張ってきて、最初のうちはカッチカチになったり熱を持ったりして、それはもう夜も落ち着いて寝られないくらいになったりしちゃいます。はい、まず最初のヤマ。

それから授乳を始めるわけですが・・・。一人目だったら特に、自分もあげ方がまだわからないし、赤ちゃんも吸い方がわからない。オッパイはどんどん張ってくるのに飲んでもらえない・・・・という日々がしばらく続きます。(もちろん個人差はありますよ~。)今回私の方は二度目なんで要領はつかんでますが、赤ちゃんの方は慣れるまで時間がかかりました。この

供給>需要

がつらい・・・。第二のヤマです。昼も夜も関係なく、赤ちゃんと二人三脚(?)で授乳訓練。結構フラフラ。そんでもって第三のヤマ・・・オッパイに飲んでもらえなかった乳を残したままにすると乳腺炎とか大変なことになるので、そいつを搾乳するわけです。

この搾乳が 激烈イタイのよ・・・。

自分でやっても要領つかむまでなかなかうまくいかないので、看護婦さんに手伝ってもらうんですが・・・。

何ですか!!?私アナタに何かしましたかーーーー!!!???

っちゅーくらい、もう本当に本当にイタイんだよーーーっっ カチカチに張ったオッパイなんてね、手が軽く当たっただけで結構イタイんすよ?!それをアナタ、力いっぱいぎゅうぎゅうやられてごらんよ?ハッキリ言って手術より痛かったっちゅーねん!!!しかも痛すぎて悶え苦しんでいると、変な風に体に力が入って、縫ったばかりの腹の傷が痛くなってダブルパンチなんだYO!!!

わかってます。わかってますよ・・・ 看護婦さんは私と赤ちゃんのためにやってくれているの。乳腺炎になったらもっと大変なの。必死で耐え抜くあたい・・・。

「前にね、あんまり痛かったらしくて噛み付かれたことあるんですよ~。」

と、笑顔で話す看護婦さん。

ごめん。その気持ち、めっちゃわかるから・・・・・

「はい、肩の力抜きましょうね~」

無理です。

そして最後のヤマ。母乳マッサージ。「じゃあ母乳マッサージしましょうか。」と言われたら

死刑宣告にしか聞こえません・・・。

まあ、やることは搾乳とあんまし変わんないんですけどね。仰向けに寝て、オッパイをぎゅうぎゅうやられるだけなんで・・・。

と、このように、大変イタイ思いをして、ようやく母乳びゅんびゅんマスターへの道が開かれるわけです。何度も言いますが、個人差があります。私のようにぱんっぱんにオッパイが張って、死にそうにイタイ思いする人もいるし、そうイタイ思いしなくても出る人もいるし、逆に出なくて困る人もいます。病院によっても、母乳育児に力を入れているところ(私のところはかなり力を入れてくれています。)なら指導もしてくれますが、全然そうでないところなら自分で努力するしかない。母乳マッサージも、お金払ってやってもらう人もいます。

母乳が出る出ないは本当に個人差はありますが、努力すれば結構出るようになる・・・?んじゃないかしら??専門的なことはわかりませんけども。出ようが出まいが、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうことがまず大事みたいですよ~。

母乳育児は、常に赤ちゃんと一緒に行動しないとならない、他人に預けることができない・・・ということくらいがデメリットで、あとはいいことだらけじゃないかと個人的には思ってます。っつか、

無料の自動乳製造機が使い放題だっつーのに、なんでわざわざお金払ってめんどくさい思いをしなきゃならんのだ。

というのが本音。だって本当にそうなんだもーん。

いぶきち出産のときに、助産婦のMちゃん(通称ボス)から頂いた母乳育児と離乳食の本がすごく勉強になり役に立ちました。書店で扱ってるような本じゃないので一応ご紹介。

日本母乳の会 書籍

ところでやっぱり母乳マッサージとか母乳の指導って、あんなに痛いもんなんですか・・・?今更、私がいた病院だけなんじゃねえか・・・?とか疑い始めたんですけど。(苦笑)実は他ではそんなに痛くなかったりしない???

| | コメント (2)

出産~君の名は・・・編

こちらでも「名前はほぼ決まってます。」とか、一部の方にはある名前で変更なければ決定です!などと言っていた赤さんのお名前ですが・・・・

そう、「ほぼ」だの「変更なければ」だのとりあえず書いたのは、もしかしたらまた・・・?という気持ちがどこかであったから・・・。

いぶきちの時も実は別の名前で決まっていて、病院のベビーベッドにまでその名前を書いてもらっていたというのに直前で変更。まあ、今回はそんなこともなかろうとは思いつつ、でもあるような気がする・・・ひとネタあるような気がする・・・・ だって俺たちネタ大好物だからさ。そんな女の勘よ。

そしてその手の予感は当たるもので、諸々の事情でそのお名前は却下に!!!

若干予想はしていたものの、かなり悔しい・・・。せっかく時間掛けて考えたのにさー。あっさり却下かよぉ~。 crying

しかしもう、とにかくそれ以上の素敵なお名前を考えるしか道はありません。今回の入院は前回の反省から、とにかく空き時間は睡眠!!と決めていたのに・・・・ ううん。またもや名づけ本片手に頭を悩ませなければならんのか。

でもね。これも勘ですが、いぶきちの時に決まっていた名前よりも素敵で気に入る名前が思いついたように、きっと今回も上回る素敵なお名前を思いつけるはず!!!!と思ったのですよ。

父ちゃんと思いつくままに紙に書き出してみたりする。しかし「コレ!!」というものもなく、どれもこれも妥協案みたいで納得できない・・・・ ううむ。困った・・・。三日、四日と日々は過ぎる。

大丈夫だよ!!僕たちやれば出来る子さ!!!

などと励ましあってみるが、時々「もう誰かつけてよ・・・・」という気分になったり。病院に来てくれたあっちゃん(父ちゃんの弟)を捕まえて「もうあっちゃん付けてよ。」などと言い出してみたり。

授乳が始まって、夜中何度も起こされかなりフラフラの明け方4時・・・・

ついに降臨しました!!!

「環」でたまき!!!!

これだー!!!漢字もコレだーーー!!!と思い、眠いのもぶっとんで名づけ本で字画をチェック。なんとオススメ字画になるほど良い字画shine 嬉しくて思わず父ちゃんにメールしそうになるが、明日まで我慢我慢。翌日、早速メール。すると父ちゃんから驚きのお返事が!!

父ちゃんの中で新たな候補が3つ。「あかり」「かいり」「たまき」 じゃ、もう「たまき」しかないじゃーん!!(あかりちゃんはマンションにいるし、「かいり」もかいと君とかい君がいるから)

「たま」と「き」で漢字を分けたい、と言う父ちゃんを結構無理くり言いくるめ(だってこの字がどうしても良かったんだもん・・・)ついに決定しました!!

紆余曲折(?)の上ひねり出されたお名前

環=たまき です。

いぶきち&たまきちで4649vv

名前決めるのって本当に大変・・・。でも一生その名前なんだもんね。一生懸命考えて、愛情のこもった名前にしたいよねvv

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »