« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

ユニットライブ無事終了しました!

ユニットライブ、無事終了いたしました!!

遠く、県外や浜松からお越し頂いた方、子供を預けて観にいらしてくださったたくさんのママ友さん、ファミリーでご鑑賞頂いたみなさま、素敵な週末のご予定を蹴って来てくださった方、仕事の合間に何度も来てくださった方、一度ならず二度三度いらしてくださった方、本当にありがとうございました!!

うちに関しては「こいつらアホだな~っっ」と大いに笑い飛ばして日ごろのストレス解消、はたまた「こんなくだらない事を全力でやってる夫婦がいるなら、俺ももっとがんばれる気がするぜ…」と妙なところで元気をもらってしまったりして頂けたなら大変光栄でございます。

久しぶりの舞台で緊張しましたが、とても楽しめましたv自分の書いた本「昼下がりのパリジェンヌ」がどの程度みなさまに受け入れて頂けるか…かなーーーーり不安でしたが、思った以上に「面白かったよ」といってもらえて安心しました。…あ、これもひとえに父ちゃんの演出あって、デス。はい。

共演した役者のみなさま、発案者のS君、お疲れ様でした!ありがとうございました!!そしてなにより、父ちゃんと子供たちとシヅコとヤスヒサに感謝感謝…です。

ところで色々な方から「子持ちで夫婦でやれるなんて、すごいね。」とか「結婚して子供ができたらやりたいことなんてできないと思っていた。」とか結構言われました。私がこんなことを言うのは大変おこがましいかとは思いますが…結婚して子供ができても、やりたいことは頑張ればやれると思います。でも!!そのためには周りの人…家族、友人…の理解と協力がなければできません。そして絶対に優先順位を間違えてはいけません。芝居やってても、子供が一番です。もちろん、今回も子供にはいっぱい寂しい思いはさせてしまっているのは事実ですが…(その分取り返さないと;;;)

さて、伽藍博物堂演劇実験室は、残すところ座長一人芝居のみとなりました。そろそろ片付けに入る予定…です。思えば初期の頃からお世話になっている稽古場兼劇場。ここがなければ、私がこうして台本を書いたり演出をしたりすることもなかったでしょうし、たくさんの大切な友達に出会うこともなかったのです。さらに言ってしまえば、夫と出会ったのだってここなのだから、ここがなかったら、いぶきちにも、たまきちにも会えなかったのかもしれない。私の人生において、大きな意味を持つ場所なのです。

ああ、なんだか本当に寂しくなってきたよぅ;;

稽古場はなくなりますが、伽藍博物堂の劇団自体は続いていく…予定です。(…たぶん。)私はまたしばらく幽霊団員になりますが。そして稽古場最後の座長一人芝居、絶対に面白いので(ですよね座長!!)是非観にいらしてください☆

| | コメント (7)

明日本番です。

いよいよ明日、ユニットライブファイナルの本番でございます。みなさま是非観にいらしてくださいませ☆芝居、音楽、朗読、講演、まさにユニットライブ!デス。

もしかしたら静岡新聞にのるかも…よ?

ユニットライブファイナル

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »