音楽

ハネケン

とりあえずためてたネタはこれでラスト。

どうも、りくこです。

さて、日曜日はコンサートに行ってきましたですよ★

「羽田健太郎の素晴らしき世界~モーツァルト生誕250周年~」です。このハネケンさんという方は、日曜日の朝にやっている「題名のない音楽会21」の司会をなさっています。私はもともとモーツァルト目当てだったのですが、最近毎週「題名のない音楽会」を見るようになって、結構ハネケンさんのトークも聞きたくて応募しましたです。

今回も同行者は宇宙人・イズミちゃん(仮)です。いつもありがとう。

今回は彼女のネタはありません。残念。

第一部、まずは「フィガロの結婚」。オペラですね。こちらはよく聞く曲。そしてピアノ協奏曲第23番イ長調。すみません。これはあまり知りません。でも第二楽章がとても素敵でした。ハネケンさんがなんとピアノを弾きながら指揮をしていました。ハネケンさんはこれがウリみたいなんですが、オケのみなさんはやりにくくないのかなあ・・・?などと素朴な疑問。

そしてハネケントークなく第一部終了。あら?って感じ。

第二部になって、ハネケントーク炸裂。同時に結構いけてるオヤジギャグも炸裂。いいですね~。「ピーターとおおかみ」という曲で、楽器の紹介をしてくれました。いや、それはいいんだけど、私はモーツァルトの話とかもっと聞きたかったんだけどなあ・・・。「生誕250周年と言えば、マリーアントワネットもですね。」ぐらいしか覚えてない・・・。ちなみにモーツァルトが子供の頃に、マリーアントワネットにプロポーズしたのは有名なお話です。最後は交響曲第25番ト短調。「アマデウス」のあの曲ですね。モーツァルトの交響曲は50曲以上ありますが、短調は2曲だけしかないのだそうで。しかしいつも聞いてるCDより、のんびりな演奏だった。どっちが本来のスピードなのかしら・・・?

アンコールは「渡る世間は鬼ばかり」のあの曲。いやー、悪いけど(苦笑)たぶんこれが一番良かったような気がする。オーケストラになるとなんともゴージャスで迫力満点。ピン子の迫力も倍増ってもんだ。って、渡鬼見たことないけどな・・・。アンコール二曲目は「星に願いを」をジャズ風にアレンジ。すごい。なんであんなに指が動くの?!ちょっと感動。

そんな感じで終了。うーん、なんでしょう。ちょいとパっとしない感じ?でしたかねえ。

でもまたクラッシックのコンサートは行きたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまにはこんな話。

060126_16030001 実録:夫婦の会話  「この写真、りくにそっくりって言われたよ。」「ああ、そっくりだよなあ。」「やっぱり笑い目かね?」「いや、鼻からせんべい出してるところだろ。」「そこかよ!!!!」

どうも、りくこです。結婚式の二次会で夫婦漫才を披露して以来、日々夫婦漫才の星を目指して精進しています。

さて、本日は。

たまにはなんか趣味のこととか書いてみようかと思います。お時間のある方だけお付き合い下さい。

最近りくこはクラッシク流行りです。なんか今の流行りにのってるみたいで嫌なんですが。特にモーツァルト好き。これまた生誕250周年(だったかな?)で色々あるんで、流行りっぽくて嫌なんですが・・・。

所詮、「のだめカンタービレ」というマンガと「マドアモゼル・モーツァルト」というミュージカルと「アマデウス」という映画がきっかけだし。そんなもんですわ。

毎朝飽きもせず、モーツァルトのCD(というか、「アマデウス」のサントラ)を聞いています。モーツァルトの曲は、何ていうか、無駄がない。迷いがない。それがすこぶる気持ちがいい。彼は天才だったので、あまり悩んだりせず、曲は頭の中で完璧に出来上がっていた・・・のでしょうかねえ?多少書物や映画の受け売りは入ってますが。逆にベートーヴェンなんかはすっげー悩んで考えて曲をつくっていたように思います。これは私の勝手な推測。(だからと言ってベートーヴェンが天才じゃないとか、すばらしくないとか、そういうんじゃないです。)天才肌というのは嫌われがちなんですが、私は好きです。私は天才でもなんでもないですが、完全に右脳で生きている人間なので、理論とか理屈とか吹っ飛ばしてしまうのが好きなんです。たぶん。

そんなこんなで、最近は毎日ピアノまで弾くありさま。だいたい一時間くらいは弾いてます。えらいな、私。ってかピアノ習っている頃にそのくらいマジメにやっておけば良かった・・・。しかしその割に上達しねえったらねえな。

人間、何をきっかけに何を好きになるかわかりませんね。でも自分の好きなものが増えるのは楽しいもんです。死ぬまでにどれだけたくさん好きなものを見つけられるか。これって人生がどれだけ充実しているかってことかもしれないです。

なんか語ってしまいました・・・。今更恥ずかしい・・・。ぷぷぷ。

ちなみにサリエリが本当にモーツァルトを殺したか?・・・とかも惹かれる理由のひとつ。映画の設定ではなく、これは実際の話みたいです。そういう噂があったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)